MENU

兵庫県西宮市、兵庫県芦屋市、兵庫県宝塚市の高品質塗装をご提供する外壁塗装&屋根専門店Paint Wall(ペイントウォール)

  • 見積無料
  • 診断無料
  • 塗装・防水に関するご相談・お問い合わせ
  • [PaintWall 西宮店ショールーム]

    0120-960-244受付時間 10:00-18:00(土日祝17:00まで・月曜定休)

  • [PaintWall 芦屋店ショールーム]

    0120-960-885受付時間 10:00-18:00(土日祝17:00まで・月曜定休)

無料お見積依頼

現場ブログ - 雨漏り 活動記録や最新情報をお届けいたします

HOME > 現場ブログ > 雨漏り

雨漏りの記事一覧

兵庫県西宮市・芦屋市の外壁屋根塗装店ペイントウォールの、塗装お役立ちコラム。屋根の雨漏りや経年劣化でお困りの方に、屋根「カバー工法」のご紹介。カバー工法のメリット・デメリットから実際の施工写真まですべてまるわかり。

2020.10.16 更新

【雨漏り修理】カバー工法のメリット・デメリットは?施工事例をご紹介! 兵庫県、西宮市・芦屋市の外壁屋根塗装ペイントウォール

こんにちは!!創業101周年!クチコミやご紹介で広がる 兵庫県西宮市・芦屋市地域密着塗装店ペイントウォールです!   雨漏り対策コラムシリーズもついに第5弾! 本日は、雨漏りも屋根の色あせも一緒に改善できる「カバー工法」についての記事です。 「カバー工法」のメリット・デメリット、そして実際の、カバー工法施工事例も併せてご紹介していきます。 雨漏りでお困りの方、屋根の劣化にお悩みの方は 必見!のお役立ち情報となっておりますので  ぜひぜひ最後までご覧くださいませ★       目次 カバー工法ってどんな工事?メリット・デメリットは? カバー工法の施工の流れ 屋根カバー工法なら、ペイントウォールの安心施工!   1.カバー工法ってどんな工事?メリット・デメリットは?   屋根リフォームと聞くと、屋根全体を取りかえる大がかりな工事をイメージされる方が多いのですが、 「カバー工法」と言って、現在使っている屋根材をはがすことなく、そのまま上から新しい屋根材を重ねて取り付ける工法があります。 スレート、軽量金属屋根などのような平板の屋根材の上からなら、施工することができます。 カバー工法という呼称以外にも、「被せ工法」「重ね葺き」「重ね張り」とも呼ばれています。     カバー工法の メリット   ・短期間で実施できる。 古い屋根の撤去がないため工事期間が短く済みます。5日~10日間程度。     ・費用が安くできる。 「カバー工法」は既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねる工法であるため、屋根材の補修や撤去が必要ありません。 そのため作業のための人件費を抑えることができます。     ・屋根を取り換える必要がないので、廃材が出ない。 屋根を取り換えるとなると、古い屋根材を解体する費用や処分費が発生しますが、 カバー工法の場合は廃材がでないので、そのような手間も処分費用もかかりません。     ・屋根としての機能が増す(断熱性・遮音性・防水性・耐久性) 屋根が2重構造となるため、断熱性能・遮音性能・防水性・耐久性が増します。 屋根としての機能が増すことで、雨漏りの危険性も回避できます。     ・アスベストにも対応できる 現在では製造・使用中止になっていますが、2004年以前、屋根のスレート材料には、がんの原因になりやすいアスベストが使用されていました。 屋根にアスベスト材が含まれている建物も多数残っています。 そんなアスベストの処分費用は高額で、解体時には、アスベストの飛散防止対策が必要です。 カバー工法なら、屋根を壊すことなく被せて包み込む工法のため、アスベストにも対応できます。         カバー工法の デメリット   ・屋根の状態によっては実施できない。 屋根の下地となる野地板や、もともとの屋根材が、ひどく劣化して腐食していたりする場合は、屋根カバー工法が施工できないことがあります。 なぜなら、劣化度合いが激しいと、新しい屋根材を釘やねじでしっかり固定することができないためです。 新しい屋根材の分、どうしても重みがプラスされるため、耐震基準法に則した造りになっていない古い住宅や、劣化度合いの激しい住宅には向きません。     ・瓦屋根には施工できない(難しい) 瓦屋根の場合、屋根材に凹凸があるため、新しい屋根をそのまま被せることができません。 特別な工事を行う方法もありますが、技術的も難しくコストもかかります。 基本的には、瓦屋根リフォームは「屋根の葺き替え」をおすすめしています。           2.カバー工法の施工の流れ   ここでは、屋根カバー工法の実際の流れを写真付きでご紹介していきます。 ペイントウォールにて屋根カバー工法をご用命いただいたお客様宅のお写真です。 掲載の許可をいただきありがとうございます。   まずは、屋根のビフォー写真から見ていきましょう。   ビフォー お客様より、「屋根材の痛みが激しく、色あせやひび割れが目立つところが気になる」とのご依頼でした。       屋根下葺材 の貼り付け       次に、屋根専用下葺防水シート「ガムクール」を貼り付けます。 裏面の強力な粘着層を以て、全面で下地にしっかりと貼りつきます。 シート同士の重ね部分は太陽熱などにより穏やかに軟化し、一体化することで防水機能を発揮します。 建物への雨水浸入をシャットアウトし、雨漏り対策となります。   アスファルトシングル施工 屋根材(アスファルトシングル)に専用の接着剤を塗って重ね張りし、釘やねじで固定します。棟板金も新しいものに交換します。 今回使用した、屋根材「アスファルトシングル」はアメリカで開発された屋根材です。 その歴史は長く100年以上! アメリカでは、一般的な屋根材として80%以上の住宅で使われています。 アスファルトシングルは、名前のとおり、ガラス基材に「アスファルト」を浸透させ、表面に石粒を吹き付け接着したものです。 シート形状のため、折り曲げることもできて扱いやすく、複雑な屋根形状にも施工することができます。   アスファルトシングルは、瓦屋根のような硬い屋根材のようにひび割れたり、金属屋根材のようにサビついたりせず 防水性・耐候性・耐久性にも優れています。軽量で耐震性も高いため、地震対策にも適しています。       使用屋根材:田島ルーフィング株式会社 アスファルトシングルSA-310(パイニーブラウンⅡ)       換気棟 取付 換気棟とは、屋根裏の湿気や熱気を外に出すために、屋根の棟部に設けた換気部材のことです。熱は上部に集まるので、電気を使わずとも、屋根裏にこもる熱気を自然に出すことができます。   換気口を開口して、換気棟を取り付けていきます。     防水シート「ガムクール」を 貼りつけます。   完成です!   ビフォーアフター 気になっていた、屋根の色あせ・ひび割れがなくなり、雨漏りの心配もなくなりました! アスファルトシングルは軽量で、瓦の約5分の1ほどの重さです。そのため建物への負担が少なく耐震性にも優れています。       3.屋根カバー工法なら、ペイントウォールの安心施工!   ここまで、屋根カバー工法についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか? 現在使っている屋根材をはがすことなく、そのまま上から新しい屋根材を重ねて取り付ける工法「カバー工法」は、 屋根を張り替えるよりも短期間かつ安価に工事できる上、美観を整えることもできます。 さらに、使用する屋根材によっては耐久年数を大幅に引き上げ、コストパフォーマンスも高い工法です。   屋根リフォームをする際は、ご自身の屋根の種類と状況にあわせてリフォームすることが重要です。 前項でご紹介したように、カバー工法にもメリット・デメリットがあります。 ペイントウォールでは、メリットだけではなく、デメリットについてもきちんとお客様にご説明いたします。 お家の屋根の状態をプロの目で見極め、最適な施工方法をご提案しております。 もちろん診断&見積りは無料! 屋根の経年劣化にお困りの方、雨漏りの心配などがある方は、ぜひご相談くださいませ。   https://paint-wall.com/rainleaking/   西宮店 住所:〒662-0084 兵庫県西宮市樋之池町10-5-101 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 西宮ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-244   芦屋店 住所:〒659-0051兵庫県芦屋市呉川町4-26 ST芦屋ビル1F 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 芦屋ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-885

続きはコチラ

屋根塗装雨漏りコラム塗装お役立ち情報

2020.09.23 更新

雨漏り被害は水漏れだけじゃない!放置してしまうと起こる重大被害について【ペイントウォール雨漏りお助けコラム】

こんにちは!!創業101年の安心の実績!兵庫県西宮市・芦屋市地域密着塗装店ペイントウォールです!   地域の皆様へ 塗装に関するお役立ち情報を発信中です★ 前回は、雨漏りの原因にもなる「屋上防水 劣化症状」について その症状・原因・対処法などをご紹介しました。 前回記事はこちらから     本日は、「雨漏りが引き起こす重大被害例」をクローズアップ!  台風シーズンのこの時期、お家の状態を見直していただくきっかけになれば…と思います。       目次   はじめに 雨漏りの原因は様々!目に見えない所からも起こる。 雨漏りを放置したことにより起こりうる 重大被害。 ペイントウォールにお任せいただければ、雨漏りの悩みをまるっと解決     0.はじめに 雨漏りが起きていても、「古いから仕方ない…」や「まだまだ大したことではないので大丈夫」と修理をせずに放置してしまわれる方が多いのです。 しかし、雨漏りをそのまま放置しておくと、お家の寿命を縮める重大な被害を引き起こすことになります! そこで今回は、雨漏りを放置してしまうと 起こる重大被害症状をご紹介します。 これまで雨漏りを放置していた方は 大切なお家を守るため ぜひ最後までご覧ください。         1.雨漏りの原因は様々!目に見えない所からも起こる。 「雨漏り」というと天井からポタポタ水が落ちてきて、やかんやたらいで受け止める…なんてイメージをお持ちの方が多いかと思いますが、 実は雨漏りは、目に見えないところでどんどん進行していることがほとんどです。 雨水はわずかな隙間でも進入し、住宅を傷めてしまいます。       たとえば、 ●屋上やベランダの排水口が詰まって逆流した雨水がお家の内側に入ってしまう。 ●壁と壁の間のコーキングが萎縮してひび割れて雨水が浸入してしまう。 ●雨樋が劣化して正常に水が流れず、建物に侵入してしまう。 ●天窓が劣化により破損して雨水が浸入してしまう。   などなど 気づかないうちに水が浸入できてしまう箇所は お家の中にたくさんあるのです。 雨漏りは原因を特定し、解決しない限り自然に治ることはありません。 そのため、「これくらいなら まだ大丈夫」と放置せずに、プロの雨漏り修理業者に相談することが大切です。         2.雨漏りを放置したことにより 起こりうる重大被害。 雨漏りを放置しておくとどのような被害が発生すると思いますか?雨漏りは家が水浸しになる以外にも、さまざまな弊害をもたらします。 ここでは雨漏りによる4つの被害例を紹介していきます。     漏電を引き起こす 漏電とは「電気が外部へ漏れる」ことで非常に危険な状態です。建物の電気配線や家電などには漏電しないよう、絶縁処理が施されています。 しかし、建物に侵入した雨水が、電気配線と絶縁体の間に入ってしまうと漏電が発生し、 家電の故障や停電が起こったり、最悪の場合、感電や火災といった大事故を引き起こしてしまうこともあります。   カビが発生し、喘息やアレルギーなどの健康被害につながる 日本は元々、高温多湿でカビ被害が多い国です。 雨漏りを放置してしまうと、家全体が湿った状態になりすぐにカビが発生してしまいます。 カビ被害は建物への影響だけではなく、人やペットに重大な健康被害が出てしまうことも… 実は、カビは 喘息やアレルギーを引き起こす大変怖いものなのです。 カビが発生することにより、ダニが繁殖して 更なる健康被害に繋がることもあります。   害虫シロアリが発生し 建物を傷める シロアリは、木材の中に住みつき、お家の木部分を食い荒らす害虫です。 雨漏りにより水分を含んだ木材は、シロアリの好物なので、どんどんシロアリを寄せ付け繁殖させてしまう危険性があります。 最悪の場合、住宅を支える柱までシロアリに浸食されてしまい、建物の耐震性が弱まってしまうこともあります。   雨漏りのシミが消えずに残ってしまう 雨漏りにより、天井や壁紙にできてしまった水シミは、ほとんどの場合、乾いても黒っぽいシミになって そのまま残ってしまいます。 水なのにシミになってしまう理由は、お家についたホコリなどを吸収して黒ずんでしまうからです。 シミがあると、お家の美観を損ねるだけでなく そこからカビの発生なども引き起こすため被害は大きくなります。     ここまでに挙げた例以外にも、まだまだ考えられる被害症状があります。 雨漏りの放置は 住宅の劣化に繋がり、多大なダメージを与え、結果的に資産価値を大きく下げてしまうことになりかねません 早めに対処することで更なる2次被害を食い止められます。 定期的に屋根外壁などの点検をおこない、お家の状態をチェックすることがオススメです!     3.ペイントウォールにお任せいただければ、雨漏りの悩みをまるっと解決!   兵庫県西宮市・芦屋市の塗装店 ペイントウォールでは、 無料でお家の診断&見積りを承っております! お家の状況に合わせて、雨漏り箇所に水を掛け「検査」を実施しております。   雨漏り原因の特定は難しく『ココ』とピンポイントで『水かけ検査』を行いましても、 以外に違う場所の場合がございます。 お客様のご希望に応じて、施工前後の検査も行っております。 原因を特定出来ない場合もございますので、100%とは断言出来ないのは心苦しいですが、 お客様のお悩みに寄り添う気持ちは100%です。 診断&見積無料! お気軽にどうぞ! 雨漏り診断のご相談はこちらから!             西宮店 住所:〒662-0084 兵庫県西宮市樋之池町10-5-101 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 西宮ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-244   芦屋店 住所:〒659-0051兵庫県芦屋市呉川町4-26 ST芦屋ビル1F 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 芦屋ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-885        

続きはコチラ

雨漏りコラム塗装お役立ち情報

屋上防水はメンテナンスが重要!劣化症状・対策がまるわかり【ペイントウォール雨漏りお助けコラム】

2020.09.18 更新

【雨漏りお助けコラム】屋上防水はメンテンナンスが重要!劣化症状・対策がまるわかり!兵庫県、西宮市・芦屋市のペイントウォール

こんにちは!!創業101年の安心の実績!兵庫県西宮市・芦屋市地域密着塗装店ペイントウォールです!   地域の皆様へ 塗装に関するお役立ち情報を発信中です★ 前回は、雨漏りの原因にもなる「外壁コーキング」について その症状・原因・対処法などをご紹介しました。 前回記事はこちらから     本日は、「陸屋根屋上防水」をクローズアップ!  詳しくご説明いたします!!     目次   はじめに 陸屋根って何? なぜ防水工事が必要なの? 屋上防水の劣化度チェック! こんな症状出ていませんか? 屋上防水工事の種類と特徴 おわりに     0.はじめに 屋上防水の劣化が気になりだして雨漏りが心配だけれども、どうやって工事すればよいのかわからず放置していませんか? 平らで傾斜がない陸屋根は、通常の屋根よりも水はけが悪く、防水効果が切れた途端に雨漏りしてしまう可能性が大きいのです。 放置しておくと、どんどん劣化が進行し、補修施工も大がかりで費用も日数もかかってしまうことになりますので、 少しでも劣化初期の段階で、防水施工されることをオススメいたします! このコラムでは、陸屋根屋上防水に関する基本的な知識と、防水工事の種類などをまとめてお伝えします。 ぜひ参考になさってください!     1.陸屋根って何? なぜ防水工事が必要なの?   陸屋根(りくやね、ろくやね)とは、平で傾斜のない屋根のことです。 学校やマンションなどの屋上をイメージしていただくとわかりやすいかと思います。 屋根が平なことで、植物を育てたり、洗濯物を干したりとスペースを有効活用できるので、最近は一般住宅でも見かけるようになりましたね。       なぜ 防水工事が必要なの? 通常の屋根より雨漏りの可能性が高くなっているからです。 傾斜がないため、雨が降ったとき水はけが悪く、劣化により防水性が弱くなると雨漏りに直結する危険性があります。       防水工事をするタイミングはいつ? 状況にもよりますが、一般的に、防水工事をしてから5~10年を目安に一度メンテナンスを行うとよいでしょう。 雨漏りが発生してからでは手遅れです。早めのメンテナンスを行うことで、費用も安く抑えられることもあります。     2.屋上防水の劣化度チェック! こんな症状出ていませんか?   ・表面の色褪せ ・塗膜や防水層のひび割れ・剥がれ・ふくれ ・ベランダ・バルコニーに水がたまる ・雑草や藻の繁殖 ・雨の日に屋根の一部分に水がたまっている       上記の様な、劣化症状がみられる場合は要注意です!! 雨漏りはしていなくとも、防水効果がかなり薄くなっていると考えられるため、いつどのようなタイミングで雨漏りに繋がるかわかりません。   すでに雨漏りしている場合はすぐに施工会社に調査を依頼された方がよいでしょう!       3.屋上防水工事の種類と特徴 建物防水には、主なものとして、 ウレタン塗膜防水、FRP防水、アスファルト防水、シート防水の4つがあります。 ウレタン塗膜防水 (安価で工期も短いため 最も選ばれる工事) ウレタン樹脂を複数回塗布して、防水層を形成していく工法です。 継ぎ目のない防水層が形成できるため、雨水の侵入を防ぐことができます。 また、塗り重ねができるためメンテンナスが楽にできます。 目立った短所がなく、低コストで施工場所を選ばず複雑な形状でも施工できます。 耐久年数は 約10~15年。 FRP防水 (防水性+軽さと強度を求める場合にオススメ) FRPとは、「繊維強化プラスチック(Fiber Reinforced Plastics)」の略です。 ガラス繊維を混ぜたプラスチック樹脂で防水層を形成する工法です。 白いシートのような見た目で、屋上以外にも、ベランダやバルコニーにも幅広く使われています。 固くて丈夫な仕上がりになり、耐荷重性・耐摩擦性に優れています。 人や車の往来が多い屋上駐車場にも向く防水工法です。 また、防水層は、1平米あたり4kg前後と他の防水層に比べて軽量のため 築年数が長い住宅など重さに弱い場合にもオススメです。 耐久年数は 8~10年。       アスファルト防水 (防水性能に優れており 長持ちする) アスファルトを染み込ませたルーフィング類を張り重ねて防水層をつくっていく工法です。 古来より使われおり、歴史ある信頼性の高い工法です。 歩行するためには、保護モルタルを貼る必要があり、屋根が重くなるため木造住宅には不向きです。 工事の手間がかかりますが、防水性能に優れており長持ちします。 耐久年数は 15~20年。         シート防水 (紫外線・熱に優れた耐久性・安価で色やデザインを選べる) シート防水とは、塩化ビニールやゴム製のシートを専用の接着剤や機械で施工箇所に固定する工法です。 下地の撤去がいらないので、改修工事にも最適です。 紫外線・熱・オゾンに対して優れた耐久性を持っています。 伸縮性もあるため施工しやすい素材です。シート状のため凹凸がある場所には向いていません。 耐久年数は 約10~15年。     4.おわりに   ここまで、屋上防水について、劣化症状や工法まで詳しくご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか? 防水工事には専門知識や技術が必要になるため、プロの施工店にご依頼いただくのが一番だと思います。 定期的なチェックと早めのメンテナンスを行なうことで、工事費をコストダウンすることも可能ですので 一度お家の陸屋根防水をチェックしてみてください! もし、屋上防水劣化・雨漏り被害などで ご不安な点があるお客様には、 ペイントウォールが無料相談&お家診断を実施しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ! 大切なお家を守る施工は ペイントウォールにお任せください!         西宮店 住所:〒662-0084 兵庫県西宮市樋之池町10-5-101 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 西宮ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-244   芦屋店 住所:〒659-0051兵庫県芦屋市呉川町4-26 ST芦屋ビル1F 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 芦屋ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-885        

続きはコチラ

防水工事雨漏りコラム塗装お役立ち情報

2020.09.12 更新

雨漏りの原因にもなる外壁コーキング(シーリング)劣化にご注意!【ペイントウォール雨漏りお助けコラム】

  こんにちは!!創業101年の安心の実績!兵庫県西宮市・芦屋市地域密着塗装店ペイントウォールです!   地域の皆様へ 塗装に関するお役立ち情報を発信中です★ 前回は、「雨漏り」についてその症状・原因・対処法などをご紹介しました。  前回記事はこちらから   本日は、雨漏りの原因ともなる、「外壁コーキング(シーリング)劣化」をクローズアップ!  詳しくご説明いたします!!     目次   コーキング(シーリング)って何? 外壁コーキング(シーリング)の耐用年数は? 劣化したらどんなことが起こる? 外壁コーキング(シーリング)補修の方法は?自分でできる? ペイントウォールのオススメ 外壁コーキング(シーリング)材はこれだ! ペイントウォールのコーキング(シーリング)補修施工の流れをご紹介 おわりに   0.コーキング(シーリング)って何?   雨漏りの原因にもなってしまう「コーキング(シーリング)劣化」。 そもそもコーキング(シーリング)って何? というお客様のために まずはご説明いたします。   コーキング(シーリング)とは、建材の隙間をうめる作業や工程のことを言います。 「コーキング」と「シーリング」という言い方がありますが、建築用語としては同義語だとお考えください。 隙間を埋めるための材料であるパテなどのことを「コーキング(シーリング)剤」と言います。     コーキング(シーリング)は、外壁やサッシ、ベランダなどの外装から、お風呂、キッチンなどの水回り箇所までお家の様々な箇所で見られます。 コーキング(シーリング)には弾力性のある成分が含まれており、水の浸入を防いでくれたり、地震などによる揺れ負担を緩和したりなど、お家を守るための重要な役割を担っています。   コーキング(シーリング)材には、色々な種類があります。 例えば、シリコン、変成シリコン、ウレタン、アクリル、など … 特徴・用途に合わせて選べるようになっています。   1.外壁コーキング(シーリング)の耐用年数は? 劣化したらどんなことが起こる?    環境によっても異なりますが、外壁コーキング(シーリング)の寿命は、だいたい5~10年です。 毎日紫外線を浴び、雨晒しのため劣化しやすいという特性があります。 劣化が始まると、その「防水性」「伸縮性」を徐々に失い、最終的には雨漏りや外壁のひび割れの原因になってしまいます💦 コーキング(シーリング)劣化にはどのような症状があるのか ご紹介します。   コーキング(シーリング)の劣化症状 ●ひび割れ・破断 外壁コーキング(シーリング)が劣化し、弾力性が失われてしまったことでひび割れが発生します。 放置すると雨水が壁内部に浸入する危険性があり、ひび割れが更に大きくなると外壁からの雨漏りを引き起こします。     ●肉やせコーキング(シーリング)に弾力性を持たせる可塑剤が表面に溶け出してしまい、コーキング(シーリング)の厚みが減少します。お家を建てた際に、コーキング(シーリング)のボリューム不足が原因として考えられます。     ●欠落 コーキング(シーリング)が取れてしまい、下地金具が見えてしまっている状態です。 経年劣化の他、プライマー不足であった可能性もあります。           2.外壁コーキング(シーリング)補修の方法は?自分でできる? 最近では、TVやSNSの影響で「DIY」が流行し、補修に必要な材料もホームセンターで簡単に手に入れることができるようになりました。 業者に依頼するよりも、自分で補修した方が安くついて良いのでは?と思われる方も多いかとは思うのですが 実は、外壁のコーキング(シーリング)の補修はかなり難しく 専門知識とプロの技が必要なのです。 特に、2階建て以上の住宅の場合、高所作業も伴いますので、プロの施工会社に依頼した方がよいでしょう。     コーキング(シーリング)の補修方法には、「増し打ち」と「打ち替え」の2種類の方法があります。 「増し打ち」は、古いコーキングの上から、新しいコーキングを補充する方法。 「打ち替え」は 古いコーキングを綺麗に剥がして、新しいコーキングを充填する方法です。   プロにお任せいただければ、お家の状況・環境に合わせて 適切な補修方法をご提案することができます!       3.ペイントウォールのオススメ 外壁コーキング(シーリング)材はこれだ! さて、いよいよ! 外壁塗装・補修のプロ!ペイントウォールがオススメする外壁コーキング(シーリング)材をご紹介していきます!   オート化学工業 オートンイクシード というコーキング(シーリング)材です!   オートンイクシードは20年超の持寿命を持つコーキング(シーリング)材です! 特殊な高耐久ポリマーである「LSポリマー」を配合することによって、高い耐久性と耐候性を実現しており、 使用されてから年月を経ても、硬質化を防いで柔らかさを維持できるようにし、結果としてひび割れを防ごうということを目的としたシーリング材です。       『耐ムーブメント力』と『接着力』にこだわり、これまでにない圧倒的な「高耐久性」を実現可能です!       4.ペイントウォールのコーキング(シーリング)補修施工の流れをご紹介   ①古いコーキングを切り取る       ②ボンドブレーカーを入れる 「絶縁テープ」とも言い、目地が深くない場合に、コーキング(シーリング)材の三面接着を回避する目的で目地底に張り付けるテープ状の材料のことです。     打ち替えのコーキング(シーリング)は二面接着で施工します。二面接着は、建物の動きによってコーキング(シーリング)が左右に伸び縮みをします。 三面の場合は、ハットジョイナー若しくはバックアップ材に接着し、サイディングボードからコーキング(シーリング)が剥がれてしまう可能性が高くなります。     ③プライマーを塗布する プライマーはコーキング(シーリング)材と下地との接着力強化はもちろん、被着面の細かい埃を抑え、被着体から出るあくを抑える働きがあります。さらに、コーキング(シーリング)の成分が被着体へ出て行くのを抑える働きもあります。プライマーの塗布はとても重要な作業工程です。     ④コーキング材(オートンイクシード)充填 新たにコーキング(シーリング)材を充填します。   ⑤仕上げ コーキング(シーリング)材をハケできれいに均していきます。 ペイントウォールの施工は、コーキング(シーリング)剤をより長持ちさせる為に外壁塗装前に下塗り剤塗布を標準にしております。     綺麗に仕上がりました✨✨             5.おわりに ここまで、コーキング(シーリング)とは? という説明から始まり、劣化症状・オススメコーキング(シーリング)材、 また打ち替え工程についてご紹介いたしましたがいかがでしたでしょうか? コーキング(シーリング)には、お家への水の浸入を防ぎ、地震などによる揺れからお家へ被害を防ぐための重要な役割があります。 コーキング(シーリング)劣化は 比較的目に見えやすいものなので、ぜひ 一度お家をチェックしてみてください。   もし、コーキング(シーリング)劣化・雨漏り被害などで ご不安な点があるお客様には、 ペイントウォールが無料相談&お家診断を実施しておりますので、ぜひお気軽にお問い合わせくださいませ! 大切なお家を守る施工は ペイントウォールにお任せください!       西宮店 住所:〒662-0084 兵庫県西宮市樋之池町10-5-101 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 西宮ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-244   芦屋店 住所:〒659-0051兵庫県芦屋市呉川町4-26 ST芦屋ビル1F 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 芦屋ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-885        

続きはコチラ

雨漏りコラム塗装お役立ち情報

外壁からも雨漏りするってほんと??ペイントウォールのお役立ちコラム

2020.09.08 更新

外壁からも雨漏りするってほんと? 原因・対処方法は?【ペイントウォール雨漏りお助けコラム】

こんにちは!!クチコミやご紹介で広がる 兵庫県西宮市・芦屋市地域密着塗装店ペイントウォールです!   地域の皆様へ 塗装に関するお役立ち情報を発信中です★ 本日は、台風シーズンのこの時期、気になる 「雨漏り」についてご紹介いたします!   目次 はじめに 雨漏りの症状は様々! 雨漏りの原因は何? 雨漏りが起きたらどうすればよい?対処方法はこれ!! ペイントウォールにお任せいただければ、雨漏りの悩みをまるっと解決!   0.はじめに 「雨漏り」というと、屋根の劣化が原因で 天井からポタポタと水が漏れてしまう状況を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか? じ・つ・は、雨漏りは屋根以外でも 様々な場所が原因で発生するのです。 「お部屋がどうもジメジメ・・・するなぁ」と思っていたら実は 雨漏りのせいだったなんてことも!   今回は、雨漏りの症状・原因・対処方法について ご説明いたします。   「雨漏り」は不動産業界でも、家の価値を一番下げてしまう建物トラブルと言われています。 大切なお家を守るために、雨漏りは早めの対処が必要です!! ぜひ 参考になさってください(^^)     1.雨漏りの症状は様々!    雨漏りはさまざまな場所・症状で起こります。次のような症状が見られたら、要注意です!!   1-1,天井にシミができる        一般的に「雨漏り」と聞いてイメージしやすい症状ですね。 屋根が原因なことが多く、放置をすると天井が剥がれてきてしまう危険性があります! 小さな染みでも放置せず、早めにプロに相談することがおすすめです!     1-2,クロス・壁にシミができたり剥がれが起きる   雨漏りにより壁紙の内側の部分に湿気がたまって、クロスや壁にシミや剥がれが起きることがあります。 内装の内側に湿気が溜まったり、漏水してしまっている状態です。 放置すると、接着剤が剥がれてクロスがめくれてしまう危険性があります。 内部にカビが広がっている可能性もあります。内部から腐食が進む前に、修理が必要です。     1-3,室内がカビ臭くなる 室内がカビ臭くなってしまったら、見えない箇所でも雨漏りが発生している可能性があります。 家の内部に水が溜まり、天井裏や壁裏、さらに床下にまで水が入って、お家全体が湿気で充満し、お家の木部が腐食してカビが発生してしまいます。 木部の腐食が進むと、柱などのお家の重要な部分にまで重大なダメージを与えてしますのです。そうなると大規模な修繕工事が必要になります。 家の中がカビ臭い状態が続く場合は、目の届かないところで雨漏りがしている可能性が高いのです。     2.雨漏りの原因は何? 雨漏り=屋根から だけでなく、雨漏りの起こりやすい箇所は他にもあります。 それぞれ箇所ごとに原因を見ていきましょう!     2-1,屋根からの雨漏り 屋根材の経年劣化・ひび割れ・板金浮き・瓦のズレなどが主な原因です。   屋根は雨風や太陽の光に日々晒されているため、外壁よりも劣化が早まる傾向にあります。 屋根材にもよりますが、だいたい10年程度で塗装メンテナンスをしておくことがオススメです。       2-2,外壁からの雨漏り 外壁も経年劣化による「ひび割れ」が起こると ひび部分から雨漏りが起こります。。幅3ミリ以上のヒビになると外壁の内側まで水が入ってしまう恐れもあるので要注意です!       2-3,コーキング(シーリング)からの雨漏り コーキング(シーリング)とは、外壁のボードとボードのつなぎ目の隙間を埋めるゴム状の材料のことです。防水性や伸縮性により建物を守る耐震性を高めるために打ち込んでいます。 お風呂のゴムパッキンをイメージしていただくとわかりやすいかと思います🎵 コーキングの劣化が進むと、割れや剥がれが発生し、そこから雨漏りに繋がります。コーキングの耐用年数は約10年程度です。     2-4,ベランダ・バルコニーからの雨漏り       実は、ベランダ・バルコニーからの雨漏りというケースも多いのです。 原因としては、 ●防水シートの劣化 ●排水口のつまり ●笠木の劣化破損 などが考えられます。   ベランダの床は、「防水シート」や「防水塗装」により雨風から守られていますが、 大体防水塗装の寿命は10年と言われていますので、劣化が進むと外壁と同様に、ひび割れや剥がれが起こり そこから雨漏りしてしまいます。 また、ベランダの排水口が枯葉やゴミでいっぱいに詰まっていると、排水できずに雨水が溜まってしまいます。 ベランダに水たまりができているお家は 要注意です!     3.雨漏りが起きたらどうすればよい?対処方法はこれ!!   まずは、雨漏りが起きたら応急処置としてできることは 天井からの雨漏りの場合は、バケツなどを置き少しでも床への被害を防いだり ブルーシートや、手軽に購入できる防水シートをかぶせてみる といったことで 更なる被害を防ぎます。   しかし、雨漏りの根本を解決できるのは やはりプロにお任せいただくのが一番だと考えます。   3-1,屋根からの雨漏りの対処方法 屋根の修繕方法として代表的なのが葺き替えとカバー工法です。   ●葺き替え今ある屋根をはずして、新しい屋根材を設置する工事のことです。新しい屋根材を設置するので、屋根の寿命が延び雨風から守る事ができます。ただし、工期が長くなったり費用がかさんだりというデメリットもあります。   ●カバー工法今ある屋根の上から新しい屋根を被せる工事のことです。葺き替えよりも施工期間も短く安価です。ただし下地のトラブルに気づきにくいといったデメリットもあります。       3-2,外壁からの雨漏りの対処方法 ひび割れ部分を補修材でしっかり直した上で再塗装を行います。 コーキング(シーリング)が原因で雨漏りしている場合は、コーキングの打ち直しも行います。       3-3,ベランダからの雨漏りの対処方法 ベランダの排水口のゴミなどを取り除き、排水口周りが劣化している場合は修繕工事を行います。 また、ベランダの防水シートの張り替え・防水塗装なども行います。 ウレタン防水やFRP防水、シート防水など種類がありますが、 お家のベランダに一番適した工法で修繕することで雨水からお家を守ることができます。       4.ペイントウォールにお任せいただければ、 雨漏りの悩みをまるっと解決!   兵庫県西宮市・芦屋市の塗装店 ペイントウォールでは、 無料でお家の診断&見積りを承っております! お家の状況に合わせて、雨漏り箇所に水を掛け「検査」を実施しております。 雨漏り原因の特定は難しく『ココ』とピンポイントで『水かけ検査』を行いましても、以外に違う場所の場合がございます。   お客様のご希望に応じて、施工前後の検査も行っております。 原因を特定出来ない場合もございますので、100%とは断言出来ないのは心苦しいですが、お客様のお悩みに寄り添う気持ちは100%です。     大切なお家を守るため、ご不安毎はペイントウォールにまとめてご相談くださいませ! 診断&見積無料! お気軽にどうぞ!   雨漏り診断のご相談はこちらから!         西宮店 住所:〒662-0084 兵庫県西宮市樋之池町10-5-101 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 西宮ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-244   芦屋店 住所:〒659-0051兵庫県芦屋市呉川町4-26 ST芦屋ビル1F 受付時間10時~18時(土日祝17時まで・月曜定休) 芦屋ショールームへのお電話はこちら →tel:0120-960-885

続きはコチラ

雨漏りコラム塗装お役立ち情報

2020.05.20 更新

ベランダ防水は大丈夫?劣化度チェック【お電話メールでのお問合せ受付中/兵庫、西宮・芦屋の外壁屋根塗装 Paint Wall】

創業100年の外壁塗装実績! 兵庫県西宮・芦屋の地域密着 外壁屋根塗装のPaint Wall(ペイントウォール)です。(^^)/ PaintWallは、メールやお電話でお家にいながら無料でご相談いただける窓口を設け、ネット上でも「塗装お役立ち情報」を発信しております。 本日は、「ベランダ防水塗装」についてご紹介いたします☆☆   毎日お洗濯物を干されているベランダの床面はキレイに保たれてますか? ベランダやバルコニーの床面は紫外線や雨の影響を受けやすい場所のため、耐久性・耐水性などを保つ定期メンテナンスをしっかりと行うことが重要です。 トップコートがない防水層は紫外線などの影響を受けやすくなり、劣化が早くなり雨漏りの原因になる場合があります。 建物自体の寿命を縮めるおそれもあるので、定期的に点検を行い、3~5年に一度を目安に塗り替えましょう!     ベランダ防水塗装をすべきサインを見逃してしまっていませんか? 劣化1:ひび割れ ベランダ防水の表面にひび割れが起きていれば、塗膜が劣化しているサインです。 そのまま放っておくと、ひび割れの部分から急激に劣化が進んでしまいます💦   劣化2:剥がれ 防水膜が剥がれてしまうと、その部分は防水効果がなくなって、水分が簡単に入り込んでしまいます💦   劣化3:膨れ ベランダの表面に、水ぶくれのような膨れが起きていませんか? 施工不良などの原因から、ひび割れ部分から水分が侵入してしまっていることもあります💦 膨れが起きると、塗膜が薄くなって防水効果が下がるだけでなく、放置しておくと破れてしまうことがあります。   劣化4:雨漏り 最も深刻な悩みとなる雨漏り☔ ベランダの水分が排水溝に流れずに、そのまま下地に入り込んで雨漏りとなっていたら要注意です!!   劣化5:水がたまる 実は、ベランダの床は、平らなようにみえて実は少しだけ傾斜がつけられています。 防水効果がなくなってしまうと水分がその場にとどまってしまい、水たまりが発生しやすくなります!💦     もし、お家のベランダをチェックしていただいて、上記のような不安要素がある場合は… お気軽に、ペイントウォールまでご相談くださいませ! 外出を控えていらっしゃるお客様のためにも、無料相談窓口をご用意しております。 ご自宅から安全にご相談いただけます。お気軽に以下まで お問合せくださいませ(^^)/   お問合せはこちらから! 西宮店 住所:〒662-0084 兵庫県西宮市樋之池町10-5-101 西宮店へのお電話はこちら →tel:0120-960-244 芦屋店 住所:〒659-0051兵庫県芦屋市呉川町4-26 ST芦屋ビル1F 芦屋店へのお電話はこちら →tel:0120-960-885

続きはコチラ

防水工事雨漏り施工事例塗装お役立ち情報

価格以上の価値を提供し続ける
「西宮市地域密着のPaintWall」です!MESSAGE

雨漏りでの外壁・屋根塗装をご検討なら、ぜひ株式会社モリエンにご相談ください!

初めまして!西宮市の外壁塗装&屋根専門店Paint Wall代表の森です。
弊社は西宮市で「日本中をペイントファンに」をモットーに塗装工事を中心に行っています。 お客様、地元の方にご支持いただき、創業100年を迎えることができました。
私たちは兵庫県創業101年の安心と信頼、そして品質を元に、西宮市の地域の皆様へ外壁塗装、屋根リフォームをご提供したいと思い塗装専門ショールームを立ち上げました。
外壁塗装、屋根塗装でお客様の大切な家を守るとともに、大胆に空間の印象を変えることができるペイントリフォーム。より多くのお客様が安心して、外壁塗装や塗装工事の情報を提供できる専門ショールームをつくり、ペイントの魅力を伝えてきたいと思います。
外壁塗装・屋根塗装をご検討の西宮市・芦屋市、宝塚市の皆様、 よろしくお願いいたします。

ありがとうございます!たくさんの方からお声かけ頂きました

7月のお問い合わせ数
42件
8月のお問い合わせ数
22件
9月のお問い合わせ数
27件

営業日カレンダーご来店前にご確認ください!

2020年10月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
2020年11月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
  • 休日

塗装価格表塗料問屋だから仕入れ価格で良い塗装

現場ブログ・新着情報Paint Wallの最新情報をお届けします

会社案内

<span>PaintWall </span>西宮店<span>ショールーム</span>

[PaintWall 西宮店ショールーム]

0120-960-24410:00-18:00(土日祝17:00まで・月曜定休)

兵庫県西宮市樋之池町10-5-101
TEL:0798-75-0333
FAX:0798-75-0334

<span>PaintWall </span>芦屋店<span>ショールーム</span>

[PaintWall 芦屋店ショールーム]

0120-960-88510:00-18:00(土日祝17:00まで・月曜定休)

兵庫県芦屋市呉川町4-26 ST芦屋ビル1F
TEL:0797-32-0334
FAX:0797-32-0335